名古屋市内で注文住宅を施工している業者

名古屋市内で注文住宅を施工している業者には、ハウスメーカーと工務店があります。不動産デベロッパーも工務店と提携して施工を請け負うことがあります。ハウスメーカーと工務店では工事の内容に大きな違いがあります。ハウスメーカーの工事は原価が明確に決められています。工事金額から会社の利益と経費を差し引いた金額が原価の上限となります。原価に余裕がない場合は、材料の仕様を下げるなどの措置が取られます。それに対して工務店は工事の品質の維持を第一に掲げます。原価がどれほどかかろうとも、工事の品質を落とすことはありません。その分は、会社の利益を下げることで対応します。ハウスメーカーの工事も工務店が下請けで行っている場合もあり、注文住宅の実際の施工は工務店が独占している状況です。

ハウスメーカーに工事を依頼する場合の注意点

ハウスメーカーは規模も大きく、経営は合理的になされます。ハウスメーカーが現場で工事を行う場合でも、自社が採用した職員が実際の作業を行うことは無く、現場監督を務める程度です。実際の工事は下請けの工務店が行うか、工事種別ごとの職人集団が行います。ハウスメーカーの現場監督は、数件の現場をかけ持ちで見る場合が多く、工事の細かな内容までは把握していないのが実情です。ハウスメーカーは一般に信頼できると考えられていますが、手抜き工事の発生する余地があることを、依頼者は十分に把握しておく必要があります。特に、名古屋で低価格が売りの住宅の場合は、会社が一定の利益を確保した後、工務店等に下請けに出すので、しわ寄せは下請けに生じます。住宅に建築には一定の原価が必要なので、あまりに安い物件は気をつける必要があります。

工務店の工事における変更の問題

名古屋で注文住宅の工事を工務店に依頼する場合、工事の途中で変更が生じる場合があります。ここで、変更箇所の金額の組み換えを行うかどうかが問題となることがあります。従来の工務店の商習慣では、現場での多少の工事変更では、工事金額を変更しない慣例が確立しています。工務店が工事を請け負う場合は一式工事として請け負う傾向にあります。一式工事とは細かな工事内容には頓着せずに、工事の完成を請け負うものです。工事内容の変更により多少の増減が生じた場合でも、一式工事の中に含めてしまうという考え方です。一式工事には一定の合理性があります。変更により減額となれば依頼者側は損をしますが、足りない部分を追加してもらっても追加費用が発生しないので、全体として釣り合いが取れています。一式工事は依頼者と会社側が合意の上で採用する方法です。